松本表具組合

タイトル

 このサイトを訪れてくださった皆さんに、「表具」や「表装」とはどんなものか身近な例をあげながら説明したいと思います。
 できるだけわかりやすい説明を心掛けておりますが、もしかしたらわかりにくい部分もあるかもしれません。そんな時は、お気軽にお近くの表具店・内装店にお問い合わせ下さい。


そもそも「表具」とは・・・?
 表具と聞くと主に掛け軸をイメージすると思います。
 掛け軸以外には、和額、屏風、衝立などがあります。これらは「本紙」と呼ばれている書や日本画を、床の間や壁に飾るために様々な装飾を施すものです。
 装飾をする事で、本紙である書や日本画が更に素晴らしく見えるとともに、保存状態を良くする事ができます。
 表具の歴史は古く、仏教が伝来した時、その経本を巻物にしたのが始まりとされています。この事から表具を製作する職人を「経師屋」と呼びました。
 現在では、表具以外にも、襖、壁紙、天上、床、カーテンなど内装に関する様々な施工、補修などを取り扱っております。
 私たち「松本表具組合」は、これらの表具、内装に関するエキスパート集団です!

飾る道具「掛け軸」
 掛け軸を作る時に「保存」を目的とする方が多くいらっしゃいます。
 保存をするために絵や書を表装する事はとても理に適う事です。しかし、せっかく見違えるように綺麗になるのですから、是非部屋に飾って欲しいと思います。
 「和室がないから」「床の間がないから」と言う声もよく耳にします。しかし、掛け軸の本来の意味は、描かれた絵や書を飾る道具です。日常で使われている部屋の壁に、タペストリー代わりに飾るという事もできます。
 日本古来より、日本の文化として日常に親しまれてきた「掛け軸」です。私ども松本表具組合は、格式にこだわる使い方を継承しつつ、新たな使い方も探っていきたいと考えております。

部屋の一部として「襖」
 住宅の中で、廊下と部屋、部屋と部屋を仕切り、出入口となるもを「戸」あるいは「建具」と言い、特に襖紙を貼る建具を「襖」と呼びます。
 近年、住宅の洋式化に伴い「ガラス戸」や「板戸」が増えてきましたが、襖にはこれらにない重要な機能があります。それは、襖の呼吸です。
 襖紙の多くは和紙で作られているものです。和紙は、湿度が高いと空気中の水分を吸収し、湿度が低く乾燥すると吸収した水分を放出する特性があります。これが襖の呼吸です。更に、襖を貼る技術「袋貼り」によって、その効果を高めています。
 密閉性の高い現代住宅では、湿度コントロールが難しく、埃が発生しやすい、結露しやすいなどの問題があります。これらの問題を軽減する能力が、襖にあると言えるのです。

 襖の構造は「骨組み」「下貼り」「上貼り」の3種類に大きく分けられます。
 「骨組み」は、細い木で格子状に組まれたものです。押入れなどにはベニア1枚が使用される事もあります。
 「下貼り」は、「骨組み」の補強の役目をする胴貼りと、襖の呼吸に深い関わりを持つ袋貼りの2種類があります。
 「上貼り」は、いわゆる襖紙を指します。襖紙の種類も多く、鳥の子、紗織紙等の一般的なものから、ビニール系のものまであります。

空間を仕切る演出「屏風・衝立」
 屏風や衝立は、大きすぎる部屋を、使い易いサイズに区切る実用的な道具です。現在のパーティションと同じ役割ですが、大きな違いは、それ自体がインテリアとしての存在感があるという事です。
 結婚式場などで金の屏風がよく使われていますが、実際には書画が描かれているものがほとんどです。
 衝立は、屏風ほど背の高いものは少なく、部屋の仕切りに使う他、玄関などに置き、目隠しに使う事もあります。現在のバリアフリーを中心とした家には、以外と便利に使う事ができます。

家を守る「壁紙」
 家という空間の中で、「壁紙」ほど日常に密着しているにも関わらず、その重要性に関心が寄せられていないものはないでしょう。しかし、それでこそ「壁紙」本来の姿であり、当然の機能とも言えるのです。
 リビングの壁がカラフルな原色で彩られた壁紙を貼ったらどうでしょう?最初のうちは綺麗で楽しい雰囲気の部屋となるでしょうけれど、きっと「いつもいら れる空間」ではなくなってしまいます。反対に、柄が一つもない真っ白な壁紙にしたらどうでしょう?今度は病室のようになってしまい、こちらもどこかいづら い部屋になってしまうでしょう。
 このように、部屋の中にいる時の視野を占める率の高い「壁紙」は、人の心へ与える影響が大きいものなのです。安らぎを求める部屋をお考えの時は、専門家の意見を参考にすると良いでしょう。


[ Top ] [ 戻る ]